家族葬で受けられるサービス|喪主初心者をしっかりカバー

選び方

スタッフのクオリティ

男性

家族葬を大阪の大東市で行いたいと思っている人には、次の観点から選ぶことをおすすめします。
葬式独自の基準をクリアしたスタッフが多数在籍していることです。
大東市では多くの葬儀社が存在しているので、その中から厳選する必要があります。
そこで、クオリティの高いスタッフが在籍しているかどうかが目安になります。
葬儀社によっては、お客によるスタッフ評価アンケートを実施しているところも珍しくありません。
また、大東市には大手の葬儀社があります。
全国的に家族葬の葬儀場を展開しているところだと、クオリティの高いサービスを受けられます。
それにより、満足できる葬儀を行うことができるのです。
また、葬儀についてわからない点などがある場合は、研修を通して豊富な知識を持っているスタッフが対応してくれるので、さまざまな相談をすることができます。
なので、初めて利用する人にとっても、安心できます。
他にも、料金を提示しているところがいいです。
大東市の相場料金としては、通夜式を行わずに火葬だけをする場合は20万円前後です。
そのため、宗教色を出したくない葬儀をしたい人には打ってつけです。
通夜式や告別式を行う家族葬の場合には50万円前後が相場料金になります。
また、葬儀社の中には資料やパンフレットを請求してから利用すると割引をしてくれることもあります。
現在、大東市は大阪府全体でも非常に安価なので、料金を抑えたい人は葬儀社をきちんと調べましょう。

儀礼のない新しいスタイル

葬儀会場

家族や親族が亡くなった事態に直面した時に、冷静に対応することは難しいことです。
ですが、動揺する気持ちを抑えて、葬儀の準備を進めなければなりません。
まずは、葬儀の前にしなければならないことがあります。
最初に行う事は、ご遺体を安置する場所の決定とそのための搬送の手配です。
現在では、病院で最期を迎える方がほとんどですので、病院に出入りする属葬儀社が初期の段取りをしてくれます。
この時に忘れてならないことは、病院から発行される死亡診断書または死体検案書を貰うことです。
また、自宅に搬送して安置することによって、故人も帰宅したことになりますので、ゆっくりお別れや葬儀方法を考えることができます。
最近の葬儀方法では、諸般の事情などから家族葬を選ぶ方が増えています。
家族葬は、葬儀社が主導して社会的なしきたりを中心とした葬儀ではなく、故人の家族や親しい方のみで行う葬儀です。
社会的儀礼よりも故人とのお別れや想い出を振り返る時間を大切した葬儀スタイルです。
また、家族葬では、特定の信仰がなく読経や焼香などの宗教儀式がない無宗教葬を選ぶことができます。
なので、家族葬は葬儀を小さくしたものでなく、限られた時間を大切にした葬儀方法であることが選ばれる理由となっています。
大東市内には、火葬場がありませんので近隣の施設を利用することになります。
また、大東市民であれば、大東市や守口市などと共同で運営している飯盛斎場を利用することができます。
施設の利用には、病院で受け取った死亡診断書を、大東市役所へ提出して埋葬許可書の交付を受ける必要があります。
また、死亡診断書や埋葬許可書は、役所関係以外でも必要になる場合がありますのでコピーを保存しておくことが大切です。

意外に高額になることも

葬儀会場

最近は家族葬という言葉のみが独り歩きしてしまい、家族葬=価格が安いというイメージだけを持つ人も少なくありません。
大東市でもこうした家族葬を希望する人は増えていますが、実際に依頼する前に数社で見積もりを取っておくことがおすすめです。
実は家族葬というものに特別な定義はありません。
家族中心のごく小さな葬式のことを家族葬と呼んだことが始まりです。
つまり規模によっては家族だけでなく、ごく親しい友人などが参列することも可能なのです。
大東市で家族葬を選ぶ人にとっては、故人との最期の時間をゆっくり過ごすことが出来る、参列者への対応に追われることがないといったメリットがあげられます。
一方、注意点としては、場合によっては結果として一般葬より費用が高くなってしまうことがある、といった点があげられます。
一般葬では、弔問客からの香典収入があります。
お返しの分を差し引いても手元に現金が残り、そのお金を葬儀費用に充てることにより費用を抑えられることもあるのです。
また、後日自宅に弔問客が訪れる場合があるので、その対応についても意識しておくと良いでしょう。
家族葬といっても家族のみにこだわる必要はありません。
大東市付近には、ごく少人数で挙げられる葬儀場もいくつかあります。
家族葬の規模をどの範囲にするのかは、業者とよく打ち合わせするといいでしょう。
打ち合わせの際は追加料金には十分注意が必要です。
価格を抑えた葬儀は、特に小さな追加料金の差が大きくなりがちです。
ドライアイスや仏衣一式、火葬費用等などの金額が含まれているかどうか、見積もりを取って比べてみましょう。
電話やインターネットで大東市近辺の家族葬を、一括見積りしてみることもオススメです。

葬儀の費用が安く済む

花

大東市で家族葬では、費用が一般的な葬儀と比べてかなり安くすることができます。一般的な葬儀のおよそ半額から、四分の一程度で済むことが多いです。ただ、弔問対応や香典返しなどがあると、結果的に高くなることもあるので注意すべきです。

もっと読む

別れの時間を大切にしよう

フラワー

家族葬は一般葬とは異なり、受付やもてなしの通夜料理の準備の必要がありません。訃報を伝える際に参列をお断りすることで、家族水入らずで最期の時間を共有することができます。別れの時間を大切にする家族葬について大東市の葬儀社へ相談してみましょう。

もっと読む

故人の旅立ちのために

女の人

現在では見栄えを重視した葬儀が増えていますが、大東市では逆に、しきたりに則った本来の家族葬を行うことができます。遺体の湯灌や旅支度など、故人が極楽浄土へ行くための準備を、真心を込めて進めることができるのです。また納棺時にも、故人の愛用の品を入れることが可能となっています。

もっと読む