家族葬で受けられるサービス|喪主初心者をしっかりカバー

故人の旅立ちのために

本来の儀式を省略せずに

女の人

現代の日本での葬儀は、金銀で飾り花を盛った祭壇を設けたりと、しきたりよりも見栄えが重視されるようになっています。
死を悼むためではなく、遺族の満足のために行われることもあるのです。
だからこそ大東市では、家族葬を希望する人が多くなってきています。
しきたりに則った家族葬なら、故人への真心を込めた本来の葬儀となるからです。
たとえば現代の葬儀では省略されることが増えている旅支度ですが、大東市での家族葬は、これもしっかりと行うことが可能です。
旅支度とは、故人が遠い極楽浄土へと無事にたどり着くことを願って行う儀式です。
具体的には、遺体に経帷子を着せたり草履を履かせたりした上で、六文銭を持たせるのです。
さらに大東市の家族葬では、旅支度前の湯灌も本来のしきたり通りに行うことができます。
湯灌とは遺体を沐浴させることで、これにより死後に体内から出てきた体液などがしっかりと除去されます。
また、髭が伸びていた場合には剃ることになりますし、爪が伸びていた場合には適度にカットします。
こういった湯灌により、旅支度をよりスムーズに完璧に仕上げることが可能となるのです。
旅支度が終われば、遺体を棺に納める納棺式を行いますが、家族葬の場合はここでも故人を労わることができます。
故人が愛用していた品や近しい人々からの手紙を、火葬の妨げにならない範囲で、花々と一緒に入れることができるのです。
このように、体裁を整えるための豪奢な葬儀ではなく、故人を第一とした愛のある葬儀となることから、大東市の家族葬は注目されています。

葬儀のマナーやルール

葬儀

家族葬は名前の通り、家族やごく親しい身内のみで行う葬儀です。
近年急速に増加しつつある葬儀の一つでもあります。
家族葬を行う時には、ルールやマナーに則って行いますので、予め知識を身につけておいた方が良いかもしれません。
大東市で家族葬を行う時、まずは業者選びから初めてください。
大東市で家族葬を行っている業者はたくさんありますから、業者に見積もりを立ててもらい、葬儀の流れや料金から判断して、申込みを行いましょう。
大東市で家族葬を受けている葬儀業者を探すにはネットなどを利用すると便利です。
遺体を安置する時は北枕にすると言うのが一般的です。
またこのように来た枕に寝かせることを枕直しとも言います。
北枕にする理由としては、お釈迦様の歴史と関係しているとも言われているのです。
枕直しを行った後は枕飾りを行います。
ローソク立て、香炉、花立ての3つが三具足とも呼ばれるのですか、この三具足以外にも鈴や線香立てを用意します。
家族葬の場合は線香立ての火が消えないように、自分たちで監視しておくのが一般的です。
しかし就寝時に火をつけておくのは危険ですから、一時的に火を消しておきましょう。
お供え物としては枕飯や枕団子があります。
枕飯は以前、魂を蘇らせるものとして備えられていたという歴史もあります。
今は白米は当たり前かもしれませんが昔はとても貴重なものだとされていたので 貴重な白米を食べることによって蘇生して欲しいという願いも込められていました。
このように家族葬を行う時には様々なルールがありますので、大東市で家族葬を行う時には専門業者に依頼して、流れに従って行いましょう。

小さい葬儀を希望する人に

葬儀会場

大東市には一般の葬儀社もあれば、JAや生協などの組合組織の葬儀社もあるので、それぞれの特長を知っておくといいでしょう。
大東市にあるJAや生協は、地元組合員へのサービスという視点から始まっており、主に組合員に提供されているサービスの1つです。
JAは組合員だけでなく、一般の人の葬儀も行っていますが組合員になったほうがお得な特典やサービスを受けられます。
生協は、さまざまな葬儀社と提携することによって、大東市の組合員に葬儀のサービスを提供しています。
生協で葬儀を依頼するには、組合員であることが必須です。
生協の葬儀サービスの特長は、多くの葬儀社と提携しているのに関わらず、葬儀にかかる料金が明朗であることです。
そして共済は、さまざまな共済法人があり、入会金を支払い会員になると葬儀にかかる費用の割引が受けられます。
会社で福利厚生の一貫として共済を提供しているところもあるので、勤めている人は問い合わせて見るといいでしょう。
JAや生協、もしくは共済では家族だけで葬儀を執り行う家族葬にも対応しているので、小さな葬儀を希望する人にはおすすめです。
また、すでにJAや生協の組合員になっているのなら、資料を取り寄せてぜひ検討してみましょう。
一般の葬儀社に家族葬を依頼するよりも、家族葬にかかる費用を安く抑えられるはずです。
また盛大な葬儀ではなく、家族だけで見送れる家族葬などを大東市ですることを希望しているのなら、一度JAや生協もしくは共済から資料を取り寄せてみましょう。

葬儀の費用が安く済む

花

大東市で家族葬では、費用が一般的な葬儀と比べてかなり安くすることができます。一般的な葬儀のおよそ半額から、四分の一程度で済むことが多いです。ただ、弔問対応や香典返しなどがあると、結果的に高くなることもあるので注意すべきです。

もっと読む

別れの時間を大切にしよう

フラワー

家族葬は一般葬とは異なり、受付やもてなしの通夜料理の準備の必要がありません。訃報を伝える際に参列をお断りすることで、家族水入らずで最期の時間を共有することができます。別れの時間を大切にする家族葬について大東市の葬儀社へ相談してみましょう。

もっと読む

故人の旅立ちのために

女の人

現在では見栄えを重視した葬儀が増えていますが、大東市では逆に、しきたりに則った本来の家族葬を行うことができます。遺体の湯灌や旅支度など、故人が極楽浄土へ行くための準備を、真心を込めて進めることができるのです。また納棺時にも、故人の愛用の品を入れることが可能となっています。

もっと読む