家族葬で受けられるサービス|喪主初心者をしっかりカバー

葬儀の費用が安く済む

利用前に見積もりを確認しよう

花

家族葬をあげる人が大東市でも増えてきています。
家族葬は参列者が少なく、ほとんどが遺族側の人間であるため、香典返しや通夜ぶるまいの席の費用などが必要ありません。
そのため、通常の葬儀よりも安くできるのが特徴です。
大東市でも安さに魅力を感じて行う人が少なくありません。
家族葬の費用相場は、人数にもよりますが50〜100万円ほどです。
それより安い費用のプランを出しているところもありますが、ある程度の体裁を整えようとするとこれくらいになることが多いです。
大東市近辺の平均金額が200万円程度であることを考えると安いのがわかるでしょう。
もちろんこの値段は平均的な参列者数の場合なので、参列者数が多くなったり、オプションをつけたりするとさらに高くなります。
大東市の中でも業者によりピンキリです。
家族葬でも同様で、純粋に比較検討するには見積もりをもらう必要があります。
見積もりだけならば無料なので、条件を等しくして比べることができます。
複数社に見積もりを依頼するとよいでしょう。
ただ、家族葬はその場の費用は少なくても、後日弔問に訪れて人の対応や香典返しなども含めると結果的に高くつき、面倒になることもあります。
そういった事態を避けるには、死亡通知をする際に「弔問、香典、献花などは一切辞退します」という旨を記載しておくとよいでしょう。
とはいえ家族葬はまだ主流ではなく弔問する人も考えられるので、その点も意識しておく必要があります。

プランに最適な施設を紹介

数珠

費用が安く抑えられるという点は、家族葬のならではの魅力です。
葬儀費用を少なくするポイントは幾つかありますが、その1つが移動に関する交通費です。
通夜や火葬、告別式をそれぞれ別な場所で行うお葬式は、その都度費用が発生します。
ゲストの人数を少なく設定しても、やはりある程度の費用がかかります。
家族葬を提供する葬儀社では、現在、葬儀で発生する移動の費用に着目しています。
例えば、大東市には通夜や告別式を同一場所で行える火葬場があります。
こちらの施設では、遺体を安置後、葬儀が終わるまで1か所で過ごすことが出来ますので、移動のための費用は不要です。
大東市の葬儀社では、このような斎場を併設した施設を積極的に利用してリーズナブルな家族葬を実現します。
予算を抑えて家族葬を執り行いたい時には、実際、大東市の複合型の斎場が役に立ちます。
大東市内の方であれば、最低限の利用料で済みますので、料理や他のサービスを充実させるという選択も可能です。
地域の火葬場や斎場との連携が欠かせないのが、最近の葬儀社です。
大東市の葬儀社では、地域に存在する大小様々な施設を紹介出来るような態勢を整えます。
顧客が希望するプランに合わせて、ベストな施設をおススメするのも葬儀社の大切な業務の1つです。
費用を抑えられるポイントを見逃さず、賢く施設を活用していくことで、これまでの常識を破るような低価格で、満足感の高い葬儀が出来るようになります。

ここに注意しましょう

ロウソク

近年は多くの人が参列する一般葬よりも、費用面や手間面から家族や親族のみで行われる家族葬が多くなっています。
大東市で家族葬に参列する際には、まず服装に着目しましょう。
服装については男性と女性とでは異なります。
まず男性の場合、スーツ、ネクタイ及び靴下は黒で、ワイシャツは白無地のものを着用します。
靴やかばんは派手なものではなく無地のものとし、髪型は短くすっきり整えることが必要です。
女性の場合、スーツもしくはワンピースは黒で、ストッキングは黒か肌色のものを着用します。
靴やバッグは派手なものではなく無地のものとなります。
アクセサリーは指輪とネックレス以外は着用しません。
香水などの使用は控えめにし、髪をまとめる際は耳より下の位置でまとめるようにします。
服装の考慮は、大東市に限らず一般的なものなので参考になります。
また、家族葬でのお悔やみの言葉は、弔問の際の受付で香典を渡すときに述べることが基本です。
遺族の気持ちを思いやり、簡潔に故人の冥福を祈る言葉を述べることが大切となります。
具体的には受付に着いたら深く一礼をして、「心からお悔やみを申し上げます」と述べます。
そして記帳が済み、香典を手渡ししたら「お参りさせていただきます」などと述べます。
なお、大東市やそれ以外の都市に関しては、遺族に対しては原則的に直接、お悔やみのあいさつをする必要はありません。
焼香の際に黙礼だけでも気持ちは十分に伝わります。
また故人の死因や状況について尋ねることは失礼に当たりますので、この点は注意が必要です。
神式やキリスト教式ではマナーも少し異なりますが、大東市にある葬儀会社はどこも家族葬について経験豊富ですので、どのスタイルでも的確なアドバイスをしていただけます。

葬儀の費用が安く済む

花

大東市で家族葬では、費用が一般的な葬儀と比べてかなり安くすることができます。一般的な葬儀のおよそ半額から、四分の一程度で済むことが多いです。ただ、弔問対応や香典返しなどがあると、結果的に高くなることもあるので注意すべきです。

もっと読む

別れの時間を大切にしよう

フラワー

家族葬は一般葬とは異なり、受付やもてなしの通夜料理の準備の必要がありません。訃報を伝える際に参列をお断りすることで、家族水入らずで最期の時間を共有することができます。別れの時間を大切にする家族葬について大東市の葬儀社へ相談してみましょう。

もっと読む

故人の旅立ちのために

女の人

現在では見栄えを重視した葬儀が増えていますが、大東市では逆に、しきたりに則った本来の家族葬を行うことができます。遺体の湯灌や旅支度など、故人が極楽浄土へ行くための準備を、真心を込めて進めることができるのです。また納棺時にも、故人の愛用の品を入れることが可能となっています。

もっと読む