家族葬で受けられるサービス|喪主初心者をしっかりカバー

別れの時間を大切にしよう

葬儀社へ相談しよう

フラワー

家族との別れは、身内だけで大切に過ごしたいと考える人が増えてきています。
一般葬とは異なり、家族葬は参列者がいないためにおもてなしをする時間や親しかった人たちへの挨拶に追われる事がありません。
細かなしきたりは大切ですが、故人との最期の時間をいかに大切に過ごすかが大切です。
こんな思いを大東市にある葬儀社では家族葬に特化したプランが考えられています。
大東市で家族葬を行う際には式場の外に看板を立てる事はありません。
参列者をお断りするためと、最期の時間を邪魔されないための対応です。
家族葬を行う際には訃報を伝える際に、大東市で家族葬を行うため参列をお断りし、香典や供花、弔電を辞退する旨をしっかり伝えます。
それでも参列者がいる際には冷たくあしらうことなく、四十九日の法要が済んだ後に挨拶状と共に返礼品を沿えましょう。
その人をもてなすための通夜料理を用意しておくと万が一の時に役に立ちます。
大東市の式場で開催する場合には受付の用意も必要なく、返礼品の用意もいりません。
自分たちのペースで葬儀を行うことができます。
僧侶による読経や焼香の必要はあるため、大東市の葬儀社へ依頼します。
また、葬儀の形態は故人の宗派に合わせて執り行い、僧侶の読経を依頼するには宗派に詳しい葬儀社と相談しましょう。
故人の遺言や生前からどのような葬儀にしたいかなどを話し合っている場合には、その意見を尊重して気持ち良く見送ってあげましょう。

状況を判断して選択

式場

連絡を受けた時でも少し慎重に判断する必要があるのが、家族葬の場合です。
家族葬は、故人の身内を中心に執り行われる葬儀となり、その規模は遺族の意向によって様々と言えます。
大東市で行われている家族葬も規模には差があり、出席をためらうような状況も実際にあり得ます。
大東市での家族葬で出席を迷った時には、遺族側の意向を優先して考えてみるのが、良い方法です。
ごく近しい身内だけで行われる家族葬には、知人レベルの方は出席しないのが一般的です。
家族や親族の中に混じって参加してしまうと、遺族側が戸惑いを覚えることになります。
このような事態を避けるには、連絡を受けた時点で家族葬の内容についてさり気なく聞いておくと正しい判断が出来ます。
先方が身内だけで行う旨を伝えてくるようなら、出席は辞退した方が迷惑にならずに済みます。
状況を見て弔電や香典などを送ると、哀悼の気持ちを表現することも可能です。
大東市の家族葬は、故人や家族の自宅で行われる場合もあります。
こういったケースでは、予想外の参列者がいると遺族にとっても大きな負担です。
葬儀の日時が知らされていない時には、敢えて問いただすことはせずに参列を見送った方がスマートです。
大東市の家族葬は、遺族の意向で自由に規模を決められるような内容ですので、規模の確認が必須です。
特に遺族の意向を最大限尊重するような慎重な判断が、葬儀の連絡を受けた時にも絶対的に必要になってきます。

基本のマナーは守ろう

線香

近年、お葬式のスタイルは多様化しています。
中でも、親族だけ数名で行う家族葬が注目されています。
それに伴って、大東市でも家族葬を行う家庭が増えてきています。
これは大東市に限らず、どこの地域でも言えることですが、家族葬だからといって弔問マナーを軽く見てはいけません。
最低限のマナーは守りましょう。
葬儀に参列する服装は、喪服が基本です。
光沢のない黒生地のスーツを着用しましょう。
女性の場合、アンサンブルでも構いません。
もし、このような喪服がない場合には、上下黒やグレーといった暗めでシンプルなデザインの衣服にしましょう。
子ども場合だと、学校の制服が正装になります。
また、お悔やみの言葉にもマナーがあります。
「たびたび」などの重ね言葉や「死」「苦」などの忌み言葉は使用しないように注意しましょう。
また、家族葬を執り行なう場合、葬儀会社のスタッフにに費用や参列人数について相談してみましょう。
大東市で行うのなら、大東市内の葬儀会社に相談してみることをお勧めします。
家族葬といっても様々形式があるからです。
規模は小さいながらお葬式をきちんと行なう家族葬もあれば、お葬式は行わずに火葬のみを行なう家族葬もあります。
それによって、家族葬の流れや費用が大きく異なってくるのです。
故人の遺志や家族の意向を考慮しながら、スタッフと決めていくとよいでしょう。
葬儀会社のスタッフは適格なアドバイスをくれるので、安心して任せることができます。

葬儀の費用が安く済む

花

大東市で家族葬では、費用が一般的な葬儀と比べてかなり安くすることができます。一般的な葬儀のおよそ半額から、四分の一程度で済むことが多いです。ただ、弔問対応や香典返しなどがあると、結果的に高くなることもあるので注意すべきです。

もっと読む

別れの時間を大切にしよう

フラワー

家族葬は一般葬とは異なり、受付やもてなしの通夜料理の準備の必要がありません。訃報を伝える際に参列をお断りすることで、家族水入らずで最期の時間を共有することができます。別れの時間を大切にする家族葬について大東市の葬儀社へ相談してみましょう。

もっと読む

故人の旅立ちのために

女の人

現在では見栄えを重視した葬儀が増えていますが、大東市では逆に、しきたりに則った本来の家族葬を行うことができます。遺体の湯灌や旅支度など、故人が極楽浄土へ行くための準備を、真心を込めて進めることができるのです。また納棺時にも、故人の愛用の品を入れることが可能となっています。

もっと読む